歯ぎしり についての続きです。

歯ぎしり(ブラキシズムといいます)には 3つの種類があります。

1.グラインディング
歯をギリギリとすり合わせる。これは一番知られている歯ぎしりで、歯をこする音で周りの人にもすぐに分ります。

2.クレンチング
ぎゅーっと噛みしめる。普段硬い食べ物を食べたりする時の何倍もの力で噛みしめます。
ひどい場合は、歯が割れることもありクレンチングがひどい人は要注意です。
眠っている時が多いですが、集中して何かしている時など起きている時にする人もいるようです。

3.タッピング
文字通り、カツカツと歯を開け閉めしてぶつけ合います。強くぶつけることは少ないようですが、グラインディング、クレンチングと組み合わせて起きることが多いようです。

これらはどれか一つという訳ではなく、組み合わさって噛みしめるようです。
歯ぎしりの多くは就寝中に行われるので、日常の5倍かそれ以上の力で咬むので歯が削れたり、割れたりということが起こってしまうのです。

眠っている人に噛みしめないでといっても止めるのは難しいので、辻歯科医院では ナイトガード を装着して眠ることをお勧めしています。

辻歯科医院